光触媒の利用方法1(住宅の外壁)

大手住宅メーカーのパナホームが光触媒を採用した外壁材【キラテック】が7万棟に達成したそうです。

光触媒の特性を最初に商品化したのはTOTOでした。

 

1990年代後半から「紫外光応答型光触媒」を用いた塗料やタイルを販売してきました。

その当時に一躍注目を浴びましたが、その当時相当なコストがかかるのと、

効果の出ないまがい物が出るようになり、いつしか住宅業界から光触媒は遠ざかりました。

しかしNEDOなどの国策事業の推進もあり、光触媒技術は地道に発展を遂げています。

セルフクリーニングをする外壁材は、家主にとってすごい魅力的なアイテムだと思います。