ご遺体ホテル

【日本の高齢化問題と少子化の実数、その先のビジネス】

日本で1日に生まれる赤ちゃんの数は2,934人です。

果たして、1日あたりの死亡数はそれより多いのでしょうか?

少ないと思われますか?

正解は1日あたりの死亡数は3,279人でその差は345人。

年間で考えると相当な人口減少が進んでるのが分かります。

そんな日本にて新しいビジネスが生まれています。

● ご遺体ホテル・・・

人が亡くなると、ご遺体は葬儀社や納棺師

(いわゆる「おくりびと」)により簡単な保存処置が施され、

24時間以上の安置

(法律でご臨終から火葬まで24時間以上の安置が義務付けられている)の後、

通夜・葬儀を執り行い火葬場で荼毘に付されます。

火葬場の空きがないと、

亡くなった後の通夜・葬儀・火葬の間に

日程の空きができるという事になります。

そうなると、故人をどこかで安置させなくてはいけない。

≪終活ナビより抜粋 https://simpleso.jp/shukatsu/morgue ≫

その先駆けをされている

【 ご遺体ホテル そうそう様 】

こちらのコンセプトは病院や火葬場にあるような

無機質で冷たい霊安室ではなく、

心置きなく故人様と向き合い、

ゆっくりお別れできる温かい場所が目標。

おもてなしの心とともに、旅館やホテルのような設えの空間を

ご提供したいという想いから、

旅館などに使われる“荘”の字を当てています。

最近は、ご遺体保管所、ご遺体安置所、ご遺体ホテル、

ラストホテル、ラステル、ビジテーションルームなどと

呼ばれる施設も増えていますが、

それとは一線を画した故人を尊重した施設です。

こちらのご遺体ホテルにも感染症対策として、

施設内に【デルフィーノ】採用されています。

sousou3sousou4

sousousousou2