風疹・はしかの流行

本日7月10日(水)午後7時30分から
 
NHK ガッテンにて

 

急増中!

風疹&帯状ほう疹 

徹底対策SPが

 

放映されます。

支援させていただいている 

風しんを無くそうの会

「hand in hand」の方が出演して

風しん被害についてお伝えします。

 

昨年より風疹・麻疹(はしか)の

感染拡大は続いています。

来年のオリンピックまでに

ワクチン接種の呼びかけを続けていかないと

パンデミック状態となってしまいます。

より多くの方にみて頂きたいです。

 

【抗体検査・ワクチン接種の呼び掛け】

対象者には自治体よりクーポンが届きますので

まずはお住まいエリアの医療機関にて

抗体検査を受けてください。

 

【予防接種を推奨する風疹の抗体価について】

風疹資料

まとめ・・・

抗体検査を受けて抗体価が8倍以下でしたら

風疹の免疫がない為、罹患する可能性が高いです。

予防接種(混合ワクチン)を

必ず受けてください。

 
 
(番組内容)
 
妊婦が感染すると高い確率で
 
赤ちゃんに障害が残る風疹。
 
特に妊娠初期の妊婦さんが感染すると
 
胎児が先天性風疹症候群として
 
産まれてくる可能性が高いです。
 
無料で検査とワクチンが受けられる
 
お得なクーポンが、
 
なぜか男性にだけ届けられています。
 
実は、風疹の感染拡大防止の
 
カギを握るのは40~57歳の男性。
 
この世代の男性がしっかり検査を受け、
 
ワクチンを接種することが、
 
妊婦を風疹から守るために
 
とても重要だというのです。
 
いったいなぜ?
 
その意外な理由をひもときます!
 

☆激痛や激しいかゆみに襲われる病、
 
帯状ほう疹。
 
体の中に潜んでいた
 
水ぼうそうウイルスが発症の原因です
 
これまでは
 
高齢者がなりやすい病気として
 
知られていましたが、
 
最近になって
 
20代から40代という若い世代にも
 
広がりつつあります。
 
その理由は、
 
実は子どもたちに
 
水ぼうそうワクチンの定期接種が
 
行われるようになった事と
 
密接な関係があるというのです。
 
子どもの水ぼうそうワクチンと、
 
大人の帯状ほう疹に一体どんな関係が!?
 
その謎が明らかに!
 
 
 
風疹 ガッテン