2月4日は風疹の日

2月4日は“風疹の日” キャンペーン宣言
―『“風疹ゼロ”プロジェクト』― 皆で力を合わせて

2月4日は風疹の日本プロジェクトでは
先天性風疹症候群児の出生をゼロにし、 
風疹の完全抑制を目標とした活動を進めております。
昨年来風疹の流行が報じられ、厚生労働省からも
成人男性への積極接種推進策が提案されておりますが、
本年も2月4日『風疹の日』を中心にして、
2月を“風疹ゼロ”月間と定め、
多くの関係学会、団体、組織の方々のご賛同をいただき、
一斉に情報発信、啓発活動をなお一層
進めてまいりたくご提案申し上げます。
なにとぞよろしくお願いします。

巷ではインフルエンザの流行報道により、
風疹への関心が薄れているように感じます。
ただ、妊婦さんの感染リスクはいまだに高いままです。

先進国では日本くらいと言って良いほど、風疹・麻疹の流行があります。

有効なワクチンがあって、抗体価を高めれば終息へ向かいます。

■30~50代の男性に強く訴えます!
あなたがかかった風疹が職場,家庭で

妊婦に感染させる危険性を自覚してください。
(あなた方の世代に風疹患者が特に多く発症しています)


■全国の事業体と一般の皆さんに強く訴えます!
 風疹抗体検査,予防接種(MRワクチン)が
 この世代に実施されるようただちに行動をとってください.

*わが国でまた風疹が流行しています!!

妊娠20週頃まで(主に妊娠初期)に風疹ウイルスに感染すると
胎児が先天性風疹症候群になるおそれが生じます。

*風疹が流行している地域への海外渡航は
風疹ウイルスに感染するリスクがあります。
渡航の際は事前にMRワクチンを接種するなど
万全の風疹予防対策をとってください。

また帰国後に発症して周囲に風疹を感染させることもあるので
十分に注意してください。
       ―2019年2月“風疹ゼロ”プロジェクト―
       ホームページ: http://www.jaog.or.jp/rubella/