超多剤耐性ソンネ赤痢菌感染症

Disease outbreak news  2022年3月24日

発生状況一覧

世界保健機関(以下、「WHO」という。)は2022年2月4日、2021年後半からグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(以下「英国」という。)およびWHO欧州地域の数カ国で報告されている広範囲薬剤耐性(extensively drug-resistant:XDR)赤痢菌の患者数が異常に増加していると通知を受けました。S. Sonnei(以下「ソンネ赤痢菌」という。)への感染の多くは罹患期間が短く、致死率は低いものの、多剤耐性(multi-drug resistant:MDR)および広範囲薬剤耐性の赤痢は、中等度から重度の症例では治療選択肢が非常に限られているため、公衆衛生上の懸念事項となっています。


英国における状況

英国では現在、2021年9月4日から2022年3月1日の間に検体が採取された84例の広範囲薬剤耐性ソンネ赤痢菌の集団感染の調査を実施しています。
これは、2020年4月1日から2021年8月31日までの17カ月間の16例
(いずれも広範囲薬剤耐性ではない)と比較して顕著な増加をしていますが、
この間の症例届出率はCOVID-19パンデミックコントロール対策により過小評価されていた可能性があります。
調査したクラスターからの症例は、イングランド、スコットランド、北アイルランドの全地域に分布しています。


分布

図1. 2021年9月4日から2022年3月1日の間に英国イングランドで報告された広範囲薬剤耐性ソンネ赤痢菌症例の流行曲線(検体採取日別)

調査期間中、37例の聞き取りが行われ、そのうち46%(17/37)が救急にかかり、24%(9/37)が入院しました。聞き取り調査の結果、同性愛者の男性(Men who have sex with men:MSM)の間での性行為を含む直接的な人から人への感染が、聞き取りした症例の中で最も頻度の高い感染経路であることが確認されました。37例全てが各種抗菌薬(ペニシリン、第3世代セファロスポリン、アミノグリコシド、テトラサイクリン、スルホンアミド、キノロン、アジスロマイシン)に非感受性であることが報告されており、重症例に対する治療の選択肢は非常に限られています。

TOP